mixiしばらくお休みします。。
マイミクの皆さん、こんばんは♪
ミクシーじゃない皆さんもこんばんは♪
すっかり師走ですね。

例によって例のごとく、
年末年始のお仕事が激しくなってまいりました。
忙しい度は母の日ほどではないのですが、
母の日よりも忙しい期間が長いのです(*v.v)
ヘロヘロです。。
a0020177_1848252.jpg

--- ohgi nurseryのアトロ。今年は青味が強そう ---

皆さんのブログにお伺いできなくて本当に申し訳ないですm(_ _)m
どなたか一人のところに書き込むと、他の方のところにも
書き込まなければ申し訳ないような気がして、
どんどん書き込めなくなってしまいました(^▽^)>

特にミクシーは「あしあと」や「ログイン時間」がばれるので
読み逃げがしにくいですね~(笑)
(かんけーありませんが、ミクシーの新着日記の表示変更、
同じ人ばかりupしてて見づらいと思うのは私だけ???)
a0020177_18493383.jpg

--- うちの蕾はこんな色ばかり(笑)ちなみにこれはssです ---

今後いろいろやりたいこともあるので
いっそのこと、mixiを辞めてしまおうかと思ったのですが
私が昔から参加している会が2つもミクシーのコミュに移行してるしぃ(^-^;;
mixiじゃないとお会いできない方々もいらっしゃいますしね。
せっかくご縁があったのにまったく会えなくなるのも寂しいので
細々とですが続けていくことにしました。

私はミクシーブログではなく、ここにつないでいますので
日記は時々upしていく予定です。
予定は未定…(^-^;;今年はあと何回upできるのであろう…(汗)

皆様、どうか不義理をお許しくださいませね。
また落ち着きましたら皆さんのところにもお邪魔させていただきます。
これからもよろしくお願いします。

a0020177_18541743.jpg

--- この前のミケケから来た子、多花みたいよ。リビっぽい蕾のつき方です☆ ---
[PR]
# by ayas_garden | 2007-12-06 22:10 | その他
スリットCUT
先日社長に
「今年いっぱい木曜日(あや定休日)は休まないで」
と言われてしまった。
明日はもちさんと約束があるので休むけど♪
年末年始のお仕事ラッシュ、週休1日の季節の到来です。
日曜だけは休ませてください、お代官様~~~;;
(土曜・祝日は元々休みではないのです)
 * * *
CUTネタその2は、スリット鉢の作成です。
ご存知の人はご存知のとおり、
根っこの育成に良いとされる「スリット鉢」。
比較的安価ですが、あまり売っているところが無いので
主に通販で購入しています。
まとめ買いする時は良いのですが
あと1~2足りない!というような時、
通販だと送料のほうが高くついてしまい不便です。

だから足りなくなった時はハンディドリルでプラ鉢に
自分で側穴を開けていた私。。。
その画像は『庭とコンテナで育てるクリスマスローズ』(主婦の友社)
という雑誌本にも掲載されたことがあるんですよ♪
a0020177_19145420.jpg

それを見た友人たちから「どんなガテン女だよ!」
と突っ込まれることもしばしば…(^▽^)>
そもそも、チャイナ同盟のバラの奥様方がディスクグラインダーでカットしている
という話を聞いて、真似してはじめたんですよ~。
グラインダーでカットをはじめると、その音でお隣さんが
何事かと驚いて出てくるんですって(笑)
私のはそこまでうるさくないですからガテンじゃないですよ♪
a0020177_1915721.jpg

HCに行くとドリルも色々なのが売っていて迷いますが
女手でも楽に取り扱える軽量のものを愛用しています。
ドリルの歯は4mm以下が良い感じでした。

だがしかーし!!
先日、我が家に新アイテムがやってきました。
a0020177_19152971.jpg

その名も「ホットナイフ」きれいに切る。(笑)
半田ごての先端がカッターになっているというものです。

私が一番最初に勤めた会社では半田ごては必須アイテムだったので
使い方は手馴れたもの。。文系卒で総務課希望で入社したのに
なぜか装置の基板の改造や修理の仕事をしていた私… (ё_ё)
私が生まれる前に出来た装置の修理もありました!!
マニアが喜びそうなコイルコンデンサの基板です。
端子に針で直接電圧をかけるので100Vでしびれるのはしょっちゅうでした。
ヤケドするだけで死にはしません。
課長が私の目の前で400Vに触れてしびれた時、
課長の足が地面から浮いていたのは遠い思い出…

話が横道に逸れました☆

まずは練習。
鉢の下のスリットを入れる部分にペンで印をしてホットナイフで切る。
a0020177_1915527.jpg

この切ってるところの写真を撮るために、
旦那に代わってもらったんだけど、私より上手だった…くっそぅ~。。
こういうのってなぜか男性のほうが上手かったりするんですよね。
a0020177_1916121.jpg


ドリル穴の旧バージョンとの比較です。
正面から↓
a0020177_1916375.jpg

中から見たスリット部↓
a0020177_19165182.jpg

底面はこんな感じ↓
a0020177_19173112.jpg

どうでしょう?
もう少し、刃の太いカッターだったらよかったのにね♪
半田ごてのようなものなので、作業が済んでも冷めてから片付けないと
ヤケドしてしまいますのでご注意を。
その辺、私は昔取った杵柄。手馴れたもんです。
・・・。
(TдT)だけど忘れてました。
先端がカッターだということを。。。
お約束でちょびっとだけ血だらけになりましたとサ。
おしまい♪

a0020177_19185033.jpg

殺風景な記事が続いてしまったので
お口直しにアプリピンクのミニチュアローズ
アムステルダム・フォーエバーで締めくくりたいと思います(^^)
[PR]
# by ayas_garden | 2007-11-28 19:24 | ヘレボルス
古葉CUT
ブログに書きたいことは沢山あるのだけど、
とりあえずCUTネタ2連発いきまーす。
その1は古葉切りです。
 * * *
先週、ヘレボの古葉切りをやりました。
夏は完全日影に退避させていた我が家。
秋は、めいっぱい光合成をさせたいので本当は12月頃で
良いのかもしれないのだけど、今年は花芽の上がりが早そうなので
早めにおこなってみました。
a0020177_18373249.jpg

ブラックデスを媒介しないため
ハサミは1株づつ「第3燐酸ナトリウム液」で消毒します。
ブラックデスは汁感染するウイルス性の病気です。
ハサミをバーナーで炙る場合、刃先から付け根までムラなく焼かねばならないので
ヤケドの恐れもあります。
あわてんぼさんには一瞬で消毒できる第3燐酸ナトリウムをお薦めします。
液は劣化しにくいので数ヶ月使いまわせるのが嬉しい♪
a0020177_18362499.jpg

(追記:私はビストロンを愛用しています。こちらでお求めになれますよ。
http://www.sqr.or.jp/usr/fujiengei/ctg/vistron/index.html )

これはあくまでもハサミについたウイルスを不活性化させる薬です。
植物本体に撒いても効き目はございません♪

古葉切りは
「なんのためにやっているのか」
私にとってはいまだ謎めいている行為です。

「株元の花芽に日光を当てるために」とよく言われますが、それって何のため??
どなたかご存知の方いらっしゃいましたらどうぞご教授くださいませね。
日光を当てるとどうなるの?温めると花芽が伸びるとか?(花茎成長開始温度)
或いは冬の地温の上昇を狙っているのか…(根っこ育成)

分からないながら、切った後に感じることは、
お水の上がりが遅くなるので水遣りの回数が少なくなります。
単純に葉に必要な水分が減りますし、葉っぱが蒸散や体液濃度を利用して
お水を吸い上げるポンプの役割もしていたためです。
(↑GAマメ知識)
見た目がスッキリして冬らしくなるので、ただ単にルックスの問題かも。。
なんのために古葉を切っているのか、
皆さんならなんて答えます?(^▽^)

先日、某クリロ講習会に行ってきたのですが
その先生がおっしゃるには
「古い葉っぱはガサガサしていて柔らかい新芽を傷つけてしまい、
そこから病気に感染しないため」
だそうな。
それも一理ありますが、実際はしわくちゃになりながら出てくる新芽、
自分自身で傷ついているような??古葉には触ってないもんなぁ?

皆さんはいつもどのくらいバッサリいっちゃってるんでしょうね?!
私の経験上、もし全部切ってしまっても普通に咲いたと思います。
a0020177_18385319.jpg

蕾以外にホウなどの葉っぱもわしゃわしゃ出てくるしね。。

でも…貧乏性の私は葉芽も2~3残す方法で古葉切りしました。
花後に花茎を切り落とすことを考えるとネ。
後で葉芽が生えてこなかった場合を想定した、いわば保険です(^^ゞ
種を取りすぎると葉芽が出てこないような…
(種取り過ぎ=期待の株)大事な株ほど弱りやすいのでしょうか(ため息)
できれば花芽形成前の春から休眠に入る夏前まではしっかり光合成させたい。

花芽が一本だけ立って、脇芽が生えていないような株、
皆さんのお宅にもありませんか?
そのような株は早期発芽苗に多いかも。
早期苗は無理させている分、体力がないのかな?
「花芽一本立ち株」の、なにがイヤって。
ほんのり灰カビにかかってる時に強風が吹くと…
そうです、ポッキリいくのです!!
地上部が…つるっつるに禿げます!!
a0020177_21474718.jpg

こうなると大抵の株はそのままお亡くなりになってしまいます。
最近では私も多少、栽培レベルが上がって(笑)復活させられる
ことが多くなりましたが、まだ完璧にテク取得したわけではないので
そうならないに越したことはありません☆
a0020177_1933875.jpg

私の一番のお気に入りがポッキリいって虫の息なのです。
死んではいませんがいまだに回復しておりません。
もし…少しでも古葉が残っていたなら余裕で助かっていたのに。。。
そう思うと悔やんでも悔やみきれません。
(いや、まだ死んでないからね(。・ω・)ノ゙ )

ヘレボさんは一年草ではないので
株の栄養成長(身体)と生殖成長(花)は
別々に考えて計画を立てたほうがいいのかもしれませんね。
[PR]
# by ayas_garden | 2007-11-24 19:04 | ヘレボルス