<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ナーサリーについて思うこと
今日も冷たい雨です。
寒くて開花しなかったので「本日のたまらん大賞」もナシです。
つまんないな~。

今日はナーサリーについて思ったことをつらつらと書きます。

a0020177_17193833.jpg

(↑数年前…N園芸さんにて)

そもそもナーサリー(ナーセリー)とは?
私はヘレボをはじめるまで知らなかった言葉です。
ナーサリーとは英語で「育てる場所」を表す単語で
子供たちが通うスクールのような所を指したりもしますが
「ヘレボナーサリー」といえばヘレボの生産農家さんのことですね。
当然ご存知☆

私も花の生産農家で働いていますので
「ナーサリー勤務」と言うことになるでしょうが、
実際、私の職場では「ナーサリー」などという言葉は
誰も使いませんし、誰もご存知ないのでは…
多分、社長も知らないのではないかな?どうだろう?

私がいま思いつく、いわゆる『ナーサリー』は
ヘレボ農家、バラ農家、クレマ農家、パンジー農家、あとは?
ブルーベリーとかあったかな。
流行のこじゃれたガーデニングばかり思いつきます。

日本人で自らを「ナーサリー」と呼ぶ農家さんはお若い人かな。
うちの近くの「ほにゃららさん」は息子さんに譲る日のことを考えてか
「ほにゃららナーサリー」に改名し、前より呼び名がかっこよくなったよ。
見た目は前のまんまだけど(笑)

人と違うものが欲しい、
普通の園芸店では満足できなくなった人が向かう専門店。。
それが「ナーサリー」なの?
ナーサリーと呼ぶことによって、「農家」よりもっと
園芸店に近いイメージに錯覚している人が多いように思う。

もしくは、「農家」だと人情味あふれていて、
非常識なことをすればオジサンに怒られそう?!
「ナーサリー」だとクールで機械的、
お金さえ払えば欲にかられて何をしても許される??
そんなわけないよね~(^^ゞ
どちらも農家なんです。地道に頑張っている真面目な農家さんを応援しましょう♪

a0020177_17213531.jpg

(↑こちらも数年前の画像、Hさんにて)

直売所を兼ねている農家もありますね。
従業員が多いところじゃないと出来なさそうだな~。
商戦の進化でこれからはもっと増えてきそう。
ヘレボでは「N田園芸さん」や「K郷園さん」などが有名で
直売日の日にちを決めて、市場や卸を通さずに一般消費者へ売っています。
うちのほうだと「H島さん」が一般開放しています。
ちなみに今年は2月2日から販売をはじめるそうです(宣伝)
蕾をこじ開けたりせずマナーを守って買いに来てくださいね。
http://www2.tokai.or.jp/fuutoboku/

直売所を設けていない(一般人お断り)のナーサリーも沢山あります。
知り合いの知り合いまでならOKとか(ミクシーみたい笑)
訪問は困るけど、通信販売ならOKのところもありますし、
訪問も通販も×の農家さんもあります。
一般人に売ってくれない所だと、ケチ・冷たい・お高くとまって
と思いがちですがイベントでもないかぎり一般人には売らないのが普通なのかも。
市場にしか出さないのが昔気質の農家さんです。

農家 → 各市場 →(仲卸)→ 園芸店 → 一般人

この間に家族を養ってる人たちが沢山いるのですね。
うちの職場の場合、市場に8000円で出したものが
生花店では2万5千円くらいで並んでいます(汗)
一般的に3倍と言われています。

直接農家に買い付けに来たほうが安いと思ってしまいますよね。
でもうちの社長は、以前、神奈川?の花屋が買い付けにきた時
「悪いけど市場で買ってくれませんか?私は市場と同じ値段で
売りますよ、わざわざ来てもらっても交通費が無駄になっちゃうよ」と
お断りしていたことがあった。
でも近所の生花店には売っている。
農家はご近所(地域)とのつながりをとても大事にするのです。
トラックが出入りしたり、埃が立ったり
迷惑をかけてスミマセン的な気持ちもあるのかな。

何が言いたいのかよく分からなくなってきたけど(笑)
農家さんを大事にしましょう♪
開放してないのにしつこく訪問をせまったり、
強引に親株(コレクションではなく商売道具ですよ)をねだったり、
蕾をこじ開けて壊したり、約束を裏切ったり。。
農家さんのテンションが下がるようなことをしたら
良いお花が手に入らなくなってしまいます。
それが一番怖いです。
お伺いする時は「おじゃまします」と謙虚に行きたいですね。

***
とあるナーサリーさん。
ハウスを案内してくれます。
a0020177_17272669.jpg

「こっちですよ」

a0020177_17274427.jpg

「足元悪いですが、ちゃんとついてきてますか?」
[PR]
by ayas_garden | 2008-01-23 17:41 | お仕事・胡蝶蘭
今日のたまらん大賞
タイトルが思いつかないよ(笑)
毎日ブログupしてる人って、どーやってタイトル考えてるんだろ?(笑)

今日は数年ぶりにあや地域に雪が積もりました。
深夜から明け方に降ったのか、朝には止んでいました。
東京では毎年当たり前の屋根や畑にうっすら積もる程度の雪なんだけど
こっちでは大騒ぎ(笑)
旦那もワイパーがどうのこうのと言って「会社にいけるかな?」ムードでしたが
道路にはまったく積もってないっつーの!
職場のグロリアさんは「神様は私に降っている所を見せてくれなかった…」と('-'*)
彼女は雪は映画かTVでしか見たことなかったのだそうです。
クリスチャンだから時々変わったステキなことを言うのです。

さて、そんな寒い朝を迎えたのですが
コヤツが咲いておりました。
本日のたまらん大賞です!!!
a0020177_17403756.jpg

黒?と呼んでいいものかどうか。。。
灰色なのかな?表現しがたいお色です。

a0020177_17405395.jpg

小輪で。
女性の指2本分強くらいの大きさです。

a0020177_1741534.jpg

しっとり粉系で光を反射して青光りしています。
蝶々みたい。オオムラサキっぽいかな?


皆さんのブログ見て思ったのですが、
やっぱり東海地方は開花が早いですね。
寒い寒いと言っても他の地方より暖かいのでしょうね。
[PR]
by ayas_garden | 2008-01-21 17:41 | ヘレボルス
ヘレボたまらん~♪
まずは皆様にお詫び申し上げます。
このブログ、15日の午後8時~16日の午前12時の間、
コメント機能に不具合が発生していたそうです。
来てくださった皆様、ご迷惑をおかけしましたm(_ _)m

最近がんばってブログupしている私でございます♪
この前、芸術仲間の先輩に「たくさん更新してますね」って言われたけど、
ヘレボマニアの皆さんに比べたら全然少ないほうですよね(笑)

あちらこちらで開花の数だけ記事がupされてゆきます(^u^)
ネット徘徊が忙しい今日この頃。。。
リアルタイムで皆さんの美しいヘレボが拝めて嬉しい悲鳴ですね~!

先週、静岡のナーサリー(ヘレボ農家)に
東京方面から大勢のお客さんがお見えになりました。

皆さん、カゴに10株ほどキープされていて
その白熱振りに、こちらまで舞い上がってしまい(笑)
買う予定はなかったのに、気づいたら私まで10株キープしていて
ハッと我に返り7株戻しておきました↓
それでも3株も買ってしまった。
それなのにすごく少なく感じてしまいました。
マニアさんたちと一緒のお買い物は危険ですね(笑)
あの時の皆様方、無事に人間様とヘレボ全部、お車に載ったでしょうか~(^▽^)

そのとき私が購入したのがこの株です☆
a0020177_22385324.jpg

かわええ~(*^_^*)
これはナーサリーにあった時から開花していました。
ベンチの一番手前側に置いてあり、誰もが見ているのになぜか
「ふーん」て感じで誰も手をつけていませんでしたね~。
ちょっとメリピコ風だからかな?

普通っぽいけどよく見ると個性的なのよ♪
a0020177_22212249.jpg

フチのダークなピコティがちょっと影のあるお嬢さんを醸し出しています。
a0020177_22213490.jpg

丸弁カップというより楕円形カップと言うのかバルーンカップと言うのか…

そして。。だんだんネクタリーが伸びてきました(^-^)v
a0020177_22224362.jpg

でもこれはシングルの範囲内ですね…
それでもいいんだ♪(実際シングル値段だったし)
素晴らしいダークネクタリーにうっとりです( ̄¬ ̄)
かわええぇ~~~(←親ばか)

a0020177_2223924.jpg

原種の「ボッコネイ」も咲きました。
風流なバイモユリのようなお姿です。
嬉しいことに、すっごくいい香り~(*^v^*)
サンシャインの展示会で嗅いだ原種「リグリカス」の匂いに似ています。
まるで沈丁花のような春らしい爽やかな香りです。

a0020177_22232024.jpg

candy pinkさんはディープカップ咲きのままで止まってくれなかった(^^ゞ
広弁で平咲き八重だとまるで違うお花みたいに思えます。
a0020177_22333468.jpg

[PR]
by ayas_garden | 2008-01-18 22:40 | ヘレボルス
たまらん… )^o^(
前回↓で書いた、アプリ狙いの子。。昨日、開花しました!!
アプリ?というよりクリームですが、これはこれでイイ…(^▽^)

a0020177_22312412.jpg


うう~~たまらん(笑)たくさん貼っちゃう♪

a0020177_22314684.jpg


カメラの調子が悪くてピンクがきつく写ってますが実物はソフトなお色です。

a0020177_22322124.jpg


あらゆる角度から溺愛中(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

a0020177_22341621.jpg

[PR]
by ayas_garden | 2008-01-14 22:38 | ヘレボルス
ヘレボ近況♪
皆様、こんばんは。
やっとお仕事が落ち着いた私です~。

これからはストップしていた英語の勉強、顔トレ、
グリーンアドバイザーの活動など頑張っていきますよ♪


我が家のヘレボの近況をば。
a0020177_22532954.jpg

今期、初購入は年末に蕾買いしたコ。
私にしては珍しいピンク系。
まんまるcandy pinkと名付けました。
普通っぽいけどバリバリ母親株になってもらう予定。
イエローダブルをかけてみたいな。


a0020177_2253438.jpg

アプリ狙いで蕾買いしたコです。
形の良いまんまるだったのでシングルでもいいかな?と。
どうやらダブルらしいです。
最近の寒さでだんだんピンクが強くなってきてしまった。
嗚呼、もっとアプリに黄ばんでおくれ~い!


a0020177_22541089.jpg

黄ばんでいると言えば、ゴールド。
このコは蕾も黄色ければ、葉っぱも黄色いし、茎も黄色い…
枯れてるんじゃないかといつもヒヤヒヤしてしまいますわ。。

葉っぱも黄色いといえば!
皆さんにお伺いしたいのですけど、
黒ダブル交配をされている、持っている、と言う方~。
葉っぱは黄色くないですか?
a0020177_2254527.jpg

うちの黒ダブル交配は、葉っぱは黒ピコになるのですけど、
葉っぱ自体はゴールドほどではないのだけど
なんとなく黄色っぽいのですよ。
a0020177_22551068.jpg

買ってきた黒ダブル交配もしかり。
黒花に養分を吸い取られて葉緑素が減るとかあるのかなー?
うちだけでしょうか?


a0020177_22554916.jpg

Mikeちゃんちからきた子。
花芽1芽に13個も蕾がついてる子沢山です(笑)


a0020177_22565369.jpg

今年で4年目になる小輪スプレーピンク。
このコはひねくれモノでね~。
大株なのに花が少ししか咲かなかったり、作落ちして咲かなかったり。
薄い色で咲いたり、すごく小さかったり…
今年は機嫌が良いらしく、まあまあに咲いてくれましたよ。
キュートな小悪魔です…
すごく形がいいのですが残念ながら右側が折れちゃってますね。
私がほじったせいではないからね~(笑)


a0020177_22593589.jpg

今年の展示会に出そうかなーと思っている大木ナーサリーのオドルス交配。


a0020177_2302427.jpg

いつぞやに購入した「sd dume × dd dume」
最初小苗できた時はベティラニカみたいな姿で期待できない感じでしたが、
最近少しはかわいい葉っぱになってきたかな?
あいかわらず、どこから見てもデュメっぽくないですが…(汗)
落葉の「ら」の字もないです…
a0020177_2332245.jpg

まだ咲きそうにない感じ。

a0020177_2334471.jpg

同じナーサリーで翌年購入した「dd dume×ダブルY」に
かわいいつぼみが見えてきました。
形よく咲いてくれたらsd×ddの件はもういいや。帳消しにしますわ(^-^)v


a0020177_2364656.jpg

最後に、やっぱり我が家はこんな色が中心。
おナス色の外弁の、その中を見せて…
[PR]
by ayas_garden | 2008-01-12 23:13 | ヘレボルス
幻の花成ホルモンの話
年末の「今年を振り返って」ネタも、新春「今年の抱負」ネタもない
喪中でもないのに新年のご挨拶もないAya's Gardenブログでーす!!!
あひゃひゃ。。
私はもう3日からバリバリ仕事してますよ。
いつまでも正月気分で日和ってる場合ではないぞよ~(^_-)!

今日はちょっとアカデミックに最新の植物ホルモンの話題など少々。。
昨年はあや的にはびっくりした研究発表がありました。

この前、「サイエンスZERO」というTV番組で
(追記:この前やってたのは2007年の総集編だそうです)
花成ホルモン「フロリゲン」について放送してたのを見た方いらしゃいますか?!
「フロリゲン」とは別名「花成ホルモン」花芽形成を誘導するホルモン様物質です。
ヘレボ~な皆さんが一番興味津々なホルモンではないでしょうか(笑)
あの番組、皆さんにも見て欲しかったなぁ☆

「フロリゲン」は提唱されてから長い間、存在がはっきり
確認できておらず「幻の植物ホルモン」だったそうですが、
昨年、やっと認定され発表されたのだそうです!!
去年の夏、私が受講したグリーンアドバイザーの講習会でも植物ホルモンは
「オーキシン、ジベレリン、サイトカイニン、アブシジン酸、エチレン」の5つ
しか習わなかったもんなぁ~!テキストの印刷が間に合わなかったんだろーか。
1937年に提唱されてから70年かかったそうですよ、すごいですね。。

植物ホルモンを認定するには「植物ホルモンであるための資格条件」
『PESIGS の法則』というのがあって、
P … parallel variation(平行的変化)
E … excision(切除)
S … substitution(置換)
I … isolation(分離)
G … generality(一般性)
S … specificity(特異性)
つまりは、
「平行した関係性があって、取り除くと活動がストップして、
新しく入れると活動再開して、植物から取り出すことが出来て、
大体の植物に当てはまって、よその天然物質と違う物質である」
ということ。
この条件が満たなくて今まで「幻」だったようですが
「植物の開花を誘導する蛋白遺伝子」の分離に成功し、
条件クリアになったようです。
んで、その物質がどこにあるのか。
「葉っぱ」の中にありました~~!\(^o^)/
葉っぱから茎に移動し花芽を作るんだそうです。
葉芽は大事に育てればいつか花芽になると考えていいのではないでしょうか。

私のいつぞやの↓古葉切りはなぜ冬に行うのか?という記事につながりませんか?(無理矢理つなげます☆笑)
なにか理由があるんじゃないかと思ってたんだ♪
風通しや病気という点では休眠前の夏に切るべきなのにそうしないのは
夏に切ってはいけないからだったんだわ~
夏に葉っぱを通して花芽形成が行われているからではないかと
私は推測しています(あくまでも推測ですが夏至後の短日がスイッチかも?)
先人たちは経験上あるいは野生の勘とでもいうのでしょうか。
薄々気付いていたのでしょうね、さすがです。。

そのTV番組では葉っぱに特殊な処理をして顕微鏡?だったかな?で覗くと
「フロリゲン」が蛍光グリーンカラーに輝いておりましたよ。
いやぁ~ビックリしましたね、フロリゲンが見えちゃうだなんて…
こんなのをナビゲーターの安め●みさんに見せても
ボケーっとしているだけでもったいない~(^^ゞ
私たちがそのレポートに行きたかったくらいですよね(笑)

色々書くと話しが長くなるので興味のある方は
「フロリゲン」「Hd3a」あたりで検索して探してみてくださいね。
(またまた追記:この番組でやってたのがイネの実験だったので「Hd3a」と
いっていましたが、イネじゃない植物ではFT遺伝子というみたいなので
『FT遺伝子』で検索したほうがいいかもデス。)

フロリゲンが「ルー●ン」や「ジ●ラ錠」や「ビー●イン」のように
HCで買えるような日がいつか来るとしたら、、すごいですね。
どんな花も一年中見ることができてしまいます。
(それが良いか悪いかは別として…番組内では食糧難がなくなると言っていた)

この話を論議するとまた話しが長くなるので、ここではやめておきます(^▽^)
(ねー?>Sさんっ☆)

また殺風景な記事になってしまったので
明日にでもヘレボの蕾の画像を追加しまーす。
[PR]
by ayas_garden | 2008-01-03 18:40 | ヘレボルス