<   2005年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
緊急レポ!レミゼラブルに行ってきました(前編)
昨日、帝国劇場にて
ミュージカル「レ・ミゼラブル」を観に行ってきました!
「洋蘭園お仕事シリーズ」は一時お休みして
緊急レポートをいたしまーす。

a0020177_22244659.jpg


「レ・ミゼラブル」は私にとって特別な思いのあるミュージカルです。
父の友人が準主役「テナルディエ」で出ていたので
18年前の初回時から10回以上観ているんですよ。
父の友人が「レミゼ」を引退してからは
観にいかなくなってしまいましたが
当時、我が家の夏の家族行事だったのです。

2005年5月24日、
レ・ミゼラブルの日本公演2000回を達成したそうです。
「2000回達成記念バージョン」として、
千秋楽までの一週間、伝説とまでいわれる昔のキャスト

鹿賀丈史(ジャベール)、島田歌穂(エポニーヌ)、
岩崎宏美(ファンテーヌ)、石川禅(マリウス)、
斎藤晴彦(テナルディエ)、岡幸二郎(アンジョルラス)

という豪華キャストが復活することになりました!!!

この公演があるのはずいぶん前から知っていたので
『私が子供のころから観ていたレミゼを
うちの旦那様に是非観せてあげたい』と考え、
早々とうちの父親にチケットを頼んでおいたのです。
しかし伝説のスペシャルバージョンはたったの一週間。
ツウのみなさまがチケットの奪い合い?!です。
コネがあっても簡単に取れるものではありません。

期待しないで待っていろと言われましたが
なんとかチケットを手にすることが出来たんです!!
父とテナルディエさんは中学の同級生。
同級生メンバーさんとご一緒させていただきました。

私はもう何度も観ているので開演前は落ち着いたもので、
帝劇はテープじゃなくて生演奏なんだよ、などと
舞台の下のオーケストラを主人に見せたりしていたのですが
始まったとたん、懐かしさもあってか、
まだ泣くようなシーンまでいってないのに先に感動してしまって
始まって5分くらいでハンカチが手放せませんでした(笑)

本当にすばらしかったです~。
鹿賀丈史さん演じる「ジャベール」渋い!
バルジャンの敵役ですがストイックな役で感動します。
島田歌穂さん演じる「エポニーヌ」実にブラボー!!
メンバーの中で1番歌が上手なのです。
唯一の道化役である宿屋のおやじ「テナルディエ」
斎藤のおじさん目立ちすぎです!
カーテンコールでもいつも両側に主役を引き連れて
ど真ん中にいましたよ。どういうこっちゃ?!(笑)

(後編に続く)
[PR]
by ayas_garden | 2005-05-29 22:24 | 芸術
洋蘭園のお仕事(5)…Oさんの思い出
あまり他人の個人的なことを書くのは気がひけるのですが…
Oさんの話を書きます。
当時実際に言ったせりふ蔑視用語・差別用語もそのまま記しますことを
お許しくださいm(_ _)m

Oさんは独身で小柄で色が黒くてボーイッシュなかわいい娘でした。。
いまどき、さほど珍しいことでもないのですがバツイチ子持ちです。
この職場には珍しく、私より若い(笑)
私も世間一般からしてみればそんなに若いほうではないのですが(笑)
この職場はほとんどが60代。非常に年齢層が高いのです。
(一番長老は御年75歳でフルタイム立ち仕事現役バリバリです)

Oさんは5時に退社して、更に夜アルバイトに行っていました。
実家でご両親と暮らしているようでしたので、
バツイチ子持ちとはいえ、住む所も食べ物もあるのに
「なにもそこまで働かなくとも…」とお嬢様育ち(?)の私は
思っていました。

彼女は、お年寄な従業員たちに、とてもひとなつっこく接して
かわいがられていました。
でも(年は私のほうが上だけど)仕事では目下の私には
こちらから話し掛けてもあまりしゃべってくれなかったんですよねー。
「ちぇ、新入りだと思って馬鹿にして~」と当時ひがんだりもしましたが
後になって、私、彼女に申し訳ないことをしていたんだと気付いたのです…

当時、出荷係りに面白いおばさんがいました。
平野レミさんみたいな感じかなぁ。。
新入りで緊張している私に「あんた東京出身だそうだけど奥多摩のくせに」
(奥多摩の人ごめんなさい)など小憎らしいことや
くだらん冗談ばかりいって笑わせてくれて
忙しい職場の雰囲気を和ませてくれていました。

いつも隣で作業していたんですが、
出荷するダンボールに胡蝶蘭の名前を書く欄があるのですが
そのオバハンはカタカナが苦手で、字が鏡文字になっていたり
たとえば「ブラザージュリウス」と書くところを
「ブラジャージューゥルス」「ブラザージュース」など
何度教えても、いつもまともに書けなくて、
訂正、訂正で箱が真っ黒になってしまいます。

「あたしゃ北朝鮮から逃げてきたからカタカナが書けない」とか
「こりゃハングル語だ」とか
「あなたどこの国の人ですか?どこから逃げてきたの?」など
いつも冗談を言いあってゲラゲラ笑って仕事をしていました。

とても楽しかったのでお若いOさんも仲間に入れてあげようと思って
「Oさんっ、この箱見てみて~♪この人日本人じゃないから困るよ~!(笑)」
などと声を掛けたのですが話に入ってきてくれませんでした。
仕事中にうるさいのが嫌だったのかな?と
あまり気にしていませんでしたが…
まったくクチを聞いてくれなくなりました。

Oさんが結婚のため仕事をやめるという話を聞いたのは
その後まもなくでした。
「結婚するので今よりもっとお給料のいい仕事に就きたいから」だそうです。
またまた温室育ち(???)の私にとっては「結婚するのになぜ??」と。
養ってくれる人ができてよかったね、っていうのが普通だと思うのに
もっと稼ぎが欲しいという彼女。。。

お付き合いしている彼はスリランカ人だったのです。
ご両親にも反対されているそうです。
この年末、彼のご両親にご挨拶しにスリランカへ旅立ちました。
そしてあの世界中でニュースになった恐ろしい大洪水に見舞われ。。。

電話もつながらず、ご両親ですら安否の分からない日々が続きました。
職場でもその話題でもちきりでしたが
数日後、無事だったことがわかりました。

彼女は今どうしているでしょう。
今まで苦労してきた分、幸せになって欲しいと祈るばかりです。

分かってくださいますでしょうか、
私には外国人蔑視をする気持ちなど毛頭なく、悪気などなかったのです。
しかし冗談とはいえ「日本人じゃないから仕事が出来ない」的な発言で
どれだけ彼女を傷つけたかと思うと、心苦しくてなりません。
就職難のこの日本で、今までにリアルにそういう言葉を
なげかけられたことがなければよいのですが…

私が「あたりまえ」「普通」だと思っていることは
ただの偏見でしかないのかもしれません。
Oさんと出会ったことで、そんなことに気付かされました。

***
最後まで読んで下さってありがとうございましたm(_ _)m
洋蘭園のお仕事シリーズはまだまだ続きます。
(え?もういいって???爆)
[PR]
by ayas_garden | 2005-05-26 23:52 | お仕事・胡蝶蘭
洋蘭園のお仕事(4)…ファレノの繁盛期
「胡蝶蘭」は本当は「ファレノプシス」といいます。
略して「ファレノ」と呼んだりもします。

ファレノの出荷が最高に忙しい時期は
・母の日前
・敬老の日前
・年末年始・クリスマス用の12月です。

あとは
・春の歓送迎会
・父の日前
・お中元
の時期にちょびっと忙しくなるくらい。
それ以外の時期は比較的ひまです。

でも葬式があると話は別なんです。
急に注文が入って、待ってはくれませんから(笑)
白ばかり使うのであちこちのハウスから株を集めるのも大変です。

胡蝶蘭はオンシーズンとオフシーズンで相場がかなり変わります。。
たとえば母の日前の繁盛期に7千円で売れるミディ系ピンク。
母の日(正確には、翌日に市場→翌々日に店舗なので職場は母の日3日前)を過ぎると
3千円台に値が下がってしまいます。

だから経営者側からしてみれば体を酷使して血ヘドを吐いてでも
母の日前に売り切ってしまいたい気持ちは分からないでもない?!
でも従業員はたまったものではありませんよ、ホント。
(さぁ愚痴が始まったか?!)

年末のときは出荷に5名いたのでそこそこ休めたのですが
今は3名なので、この母の日前の1ヶ月は10日に1回くらいしか休めませんでした。
次の(5)では減ってしまった2名のうちのひとり、Oさんの思い出について書きたいと思います。
[PR]
by ayas_garden | 2005-05-23 18:27 | お仕事・胡蝶蘭
洋蘭園のお仕事(3)…栽培係りになりたい!
(2)で、大まかに分けて4つの係りがあると書きましたが
皆さんならどの係りになってみたいと思われますか?

私はせっかくのナーサリー勤務なので
高温室のチビ苗栽培の係になってみたい!と
面接のときから強く希望しておりました。
「ヘレボも交配し、種から育ててます」などなど
面接では栽培が大好きだということを熱く語りました。
社長も熱意を買ってくれて「分かりました」ということになりました。
(今にして思えば社長はなんとなくはっきりしないような
顔だったんですよね。。。)

私が就職した時期は11月末。
クリスマス&年末年始用の出荷の超~忙しい時期がくるので
まずは出荷係の手伝いからはじめました。
前にも書きましたが市場のトラックがくる前に仕上げなくてはいけないので
出荷量が多いときは一番人手が必要な係りなんです。

正月明けまで出荷係りを手伝い、その後、栽培係りに配属
ということになりました。
約1ヶ月、下積み期間と思ってがんばりました。
かわいい苗の栽培係りになれる日を夢見て。。。
[PR]
by ayas_garden | 2005-05-22 22:15 | お仕事・胡蝶蘭
洋蘭園のお仕事(2)…4つの係り
ナーサリーのお仕事というと
どんなことを想像なさいますでしょうか?
私のお友達にはヘレボなお方、バラのお方が多いので
あ~んな感じを想像なさっていることでしょう(笑)
でもそのイメージとは少し違うかも分かりません。

胡蝶蘭は植物でありながら植物でナシ。
生きている美術品と言っても過言ではありません。
そのお値段の高いこと!
たとえば一番スタンダードな白の大輪系3本立ち。
うちの職場から市場に1万円で売却。
市場から普通のお花屋さんに出回る頃には2~3万になっています。
一輪でも花が取れたら二束三文になってしまう恐ろしい植物です。
だからこそ従業員は細心の注意を払わねばならないのです。

ボッタクリ商売とお思いでしょうが
大きなハウス何棟も24時間フルエアコンだからでしょうか
去年の収支決算は、なんとマイナス3千万円だそうです。
社長はこの界隈の地主さんで、大きな交差点のコンビニや銀行、
ラーメン屋さんや運送屋さんなどに土地を貸している
(絶対に売らない!んだって)家賃収入で
なんとか私たちのお給料を支払っているそうです。
社長いわく、「みんなで健康で楽しくやっていければ
儲からなくてもそれで良い」そうなんです…
(実際には強欲ジジィだよ、ナイショの話)


この蘭園には4つの係があります。

<その1>
まずは子苗を育てる高温室の係り。
(私はこのハウス希望でした…詳しくはまた後ほど)
真冬でも常に30度くらいあります。
立派な株になるために必要なアレコレ。
小さな鉢から大きな鉢へ植えミズゴケを巻き直したりします。
フラスコに入ったメリクロン苗を
すっごく小さなポリ鉢に植えたりもします。

a0020177_22442361.jpg




a0020177_22445420.jpg


<その2>
高温室を卒業すると今度は開花準備の低温室。
25度くらい?
花芽が上がってくると皆さんがよく目にする胡蝶蘭のように
しだれる形にするために直径4mmの針金で曲げる係りがあります。
主に男性の仕事です。
盆栽みたいな感じですが木ではないので数ヶ月で形が出来ます。

<その3>
立派なレディに成長した胡蝶蘭はいよいよ社交界デビュー!!です。
できあがった株を数株、塗り鉢に植える係りがあります。
いわゆるアレンジメントのようなお仕事です。
↑の曲げ係はおおざっぱに曲げているだけなので
バランスの良いように曲げなおして
高低差をつけたり芸術的に仕上げます。
一番の花形の職業(?)で、ベテランさんたちは
お立ち台のようなものに乗って作業をしているんですよ。
従業員のなかでも一番発言力のある人たちです。

<その4>
商品が完成したら出荷係りの出番です。
花房を薄紙で包んで、鉢カバーをして、
動かないようにリボンで止めたりして箱詰めします。
花の種類によって、ラッパ包み、姉さんかぶり、
フィルムで囲うなど包み方が違います。
市場のトラックがきてしまう前に本日分すべてを仕上げなくては
ならないので一番せわしない係りです。
実際「トラックがきましたー!!手伝ってください!!」と号令がかかると
他の係りの人も飛んできて皆でバタバタひーひー言って仕上げます(涙)

さぁ、私はどの係りでしょう?!
正直、いまだに良く分かりません…(T_T)


******
(3)へつづく
[PR]
by ayas_garden | 2005-05-17 22:45 | お仕事・胡蝶蘭
洋蘭園のお仕事(1)…まえがき
大変ご無沙汰をいたしました。
皆さん、お変わりありませんでしょうか。
私はお変わりあるようで変わりませんでした(謎)←?

いやぁしかし、ここ1ヶ月仕事がいそがしかったぁ~。
10日に1回しか休めない日々が続きました。
母の日前、これはもう戦争です!
植え込みの先生たちも走り回っているので
「師走だ、師走だ」などとわけのわからない冗談言っておりました☆
折れたり傷ついたりして売れなくなった胡蝶蘭をもらってきて
蘭風呂などしてみましたヨ~。

a0020177_1938035.jpg


ご存知ない方もいらっしゃると思いますので補足しますが
私は今、胡蝶蘭のナーサリーでパート勤務しています。
見習いなので時給は高校生並…というかそれ以下です(爆)
それでもお花に囲まれたお仕事は憧れでもありましたので
お給料は度外視でがんばっていました(←過去形か?)

そんなお仕事ライフについて書かせていただきたいと思います。
ほとんど愚痴じゃん!って言わないでネ♪
ちょっと書きづらい事も書きますので、差別用語など
「それはちょっと…」という言葉が出てきましたら
直しますのでお教えくださませね。
ちょっと長くなりますが、お付き合いのほど
よろしくお願いいたします。

******
(2)へつづく
[PR]
by ayas_garden | 2005-05-17 19:37 | お仕事・胡蝶蘭