洋蘭園のお仕事(2)…4つの係り
ナーサリーのお仕事というと
どんなことを想像なさいますでしょうか?
私のお友達にはヘレボなお方、バラのお方が多いので
あ~んな感じを想像なさっていることでしょう(笑)
でもそのイメージとは少し違うかも分かりません。

胡蝶蘭は植物でありながら植物でナシ。
生きている美術品と言っても過言ではありません。
そのお値段の高いこと!
たとえば一番スタンダードな白の大輪系3本立ち。
うちの職場から市場に1万円で売却。
市場から普通のお花屋さんに出回る頃には2~3万になっています。
一輪でも花が取れたら二束三文になってしまう恐ろしい植物です。
だからこそ従業員は細心の注意を払わねばならないのです。

ボッタクリ商売とお思いでしょうが
大きなハウス何棟も24時間フルエアコンだからでしょうか
去年の収支決算は、なんとマイナス3千万円だそうです。
社長はこの界隈の地主さんで、大きな交差点のコンビニや銀行、
ラーメン屋さんや運送屋さんなどに土地を貸している
(絶対に売らない!んだって)家賃収入で
なんとか私たちのお給料を支払っているそうです。
社長いわく、「みんなで健康で楽しくやっていければ
儲からなくてもそれで良い」そうなんです…
(実際には強欲ジジィだよ、ナイショの話)


この蘭園には4つの係があります。

<その1>
まずは子苗を育てる高温室の係り。
(私はこのハウス希望でした…詳しくはまた後ほど)
真冬でも常に30度くらいあります。
立派な株になるために必要なアレコレ。
小さな鉢から大きな鉢へ植えミズゴケを巻き直したりします。
フラスコに入ったメリクロン苗を
すっごく小さなポリ鉢に植えたりもします。

a0020177_22442361.jpg




a0020177_22445420.jpg


<その2>
高温室を卒業すると今度は開花準備の低温室。
25度くらい?
花芽が上がってくると皆さんがよく目にする胡蝶蘭のように
しだれる形にするために直径4mmの針金で曲げる係りがあります。
主に男性の仕事です。
盆栽みたいな感じですが木ではないので数ヶ月で形が出来ます。

<その3>
立派なレディに成長した胡蝶蘭はいよいよ社交界デビュー!!です。
できあがった株を数株、塗り鉢に植える係りがあります。
いわゆるアレンジメントのようなお仕事です。
↑の曲げ係はおおざっぱに曲げているだけなので
バランスの良いように曲げなおして
高低差をつけたり芸術的に仕上げます。
一番の花形の職業(?)で、ベテランさんたちは
お立ち台のようなものに乗って作業をしているんですよ。
従業員のなかでも一番発言力のある人たちです。

<その4>
商品が完成したら出荷係りの出番です。
花房を薄紙で包んで、鉢カバーをして、
動かないようにリボンで止めたりして箱詰めします。
花の種類によって、ラッパ包み、姉さんかぶり、
フィルムで囲うなど包み方が違います。
市場のトラックがきてしまう前に本日分すべてを仕上げなくては
ならないので一番せわしない係りです。
実際「トラックがきましたー!!手伝ってください!!」と号令がかかると
他の係りの人も飛んできて皆でバタバタひーひー言って仕上げます(涙)

さぁ、私はどの係りでしょう?!
正直、いまだに良く分かりません…(T_T)


******
(3)へつづく
[PR]
by ayas_garden | 2005-05-17 22:45 | お仕事・胡蝶蘭
<< 洋蘭園のお仕事(3)…栽培係り... 洋蘭園のお仕事(1)…まえがき >>