*オーリキュラがやってきた*
a0020177_12131276.jpg


先週から諸先輩方のHPあちこちで
興奮して荒らしていますが(笑)
先々週、我が家に憧れのオーリキュラがやってきました♪
チョコモナカのダンボールに入ってはるばる北海道から
やってきましたよ。カワイイ(*^^*)←親ばか

気難しい植物で、園芸上手の先輩方でも
次々に枯らしてしまっているようですので
私は手を出すまいと思っていましたが、
もしかしたらこの季節に仕入れておけば或いは…と思い
購入しました。

オーリキュラとはどんな花かというと
海外のサイトですがこんな花です
サクラソウ科の植物で洋風のプリムラの一種で
交配改良を繰り返し、容姿端麗に作られてきた花です。

しかしホームセンターでよく見かける
プリムラ「ジュリアン」とは少しイメージが違います。
どちらかというと山野草の分野で栽培にも気を使います。
洋風なのでかっちょ良く「アルパインプランツ」などと
呼んでみてもいいかもしれません(笑)

混乱するので「オーリキュラ」と書いてきましたが
オーリキュラというのは通称で
本来「プリムラ・プベスケンス」と呼ぶべきなのかもしれません。
というのも、「オーリキュラ」にはうるさい決め事があるのですよ。

例えば、
*円形に近く花びらは波打ってはいけない
*花弁は6枚以上
*短花柱花(おしべが短く見栄えがよい)などなど
容姿端麗で数々の条件をクリアしなくてはなりません。

同じ花でもちょっと切れ込みが多すぎたり、ゆがんでいたり
花びらの枚数が1枚でも足りなかったら
それはもう「オーリキュラ」とは呼べないのです。
美人コンテストのようなものでしょうか。
私のような一般人にはあまり意味のない約束事のように感じますが(笑)

…というような花なので、
当然大量生産できるわけでもなく。実生ならば、
花を見てみないと「オーリキュラ」かどうか分からないわけですよ。
(花が確定しないという点では少しヘレボに似ているネ?)
お店の人にそのあたりをメールで確認したら(やな客?)
「オーリキュラ名花の種子の苗なら花を見ずとも
【オーリキュラ】として売っても良いことになっている」んだそうな。

つまり「オーリキュラ」と書かれて売っていても
ほとんどの花は「オーリキュラ」ではないのです。
じゃあうちのコは???咲いてみないと何ともいえませんね(^^ゞ

めんどくさいので軽~く書いときますが
「auriculas」と小文字で書くのがいわゆる普通のオーリで
「Auriculas」と大文字で始まるのが約束事をクリアしたオーリなんだって。
(´ヘ`;)ハァ

a0020177_12124931.jpg


こんなに小さい3cmくらいのコで1500円。
高い?本物なら安いよね。
[PR]
by ayas_garden | 2004-11-15 12:19 | 園芸その他
<< 頼むぜ!シスター クリスマスローズの古葉切り >>